Living in AUSTIN
| ホーム | 総合目次 | オースティン・ガイド表紙 | 前頁 | 次頁 |

第10章 育児

10.1 こどもの安全

10.1.1 親の監督責任

日本の社会より、アメリカ社会は子どもを事件・事故から守るという意識が高いです。12歳未満の子どもは、家の内外に関係なく、一人にしたり子ども同士だけにしたりすることは、法律で禁じられています。12歳未満の子ども達だけで公園で遊ばせたり、家で留守番させたりしないでください。日本でも時々事故が起こっていますが、短い時間だからといって車内に残したりしないよう気をつけてください。

10.1.2 こどもと自動車

チャイルドシート

Child Safety Sheatテキサス州では、2歳以下の子どもはチャイルドシートの使用義務があります。アメリカでは、州によってチャイルドシート使用年齢はすこしずつ異なるので、複数の州にわたって旅行する時には注意してください。たとえ他人の車に乗る時でも、相手に予備のチャイルドシートを用意してもらうか、自分の車からチャイルドシートを外して取り付けます。

現在、チャイルドシートを持っていない人は、アメリカ赴任後に現地で購入するのもいいと思います。わたしはアメリカでしばらく国内メーカーのチャイルドシートを使っていました。しかし、ある時、フリーウェイ走行中に子どもが肩ベルトをはずしシートから降りてしまう事件があって、慌てて米国製のものに買いかえました。

実際、国内メーカのチャイルドシートについては、子どもが簡単に肩ベルトをはずしてしまうという報告がいくつもなされています。国内メーカーには座り心地重視の豪華なシートを作る前に、もう少し安全性に配慮していただきたいものです。

【写真左】米国製のチャイルドシートの例。子どもが簡単に肩紐をはずせないように、両肩紐を胸元でまとめるフックが付いている。フックの奥には、フラップ状になった背当てが見える。チャイルドシートを車に取り付ける際、この背当てをはね上げれば、シートベルトを背面に通す作業が楽にできる。

チャイルドセイフティロック

日本で自動車を運転する人なら知っていると思いますが、4ドア車の後部座席のドアにはチャイルドセイフティロックという機能が付いています。この機能が働くようにしておくと、たとえドアがロックされていなくても、そのドアは内側から開けられなくなります。この機能を使うと、運転中に後部座席のこどもが悪戯してドアを開けてしまう事故を防ぐことができます。チャイルドセイフティロック機能の設定は、後部ドアを開き、ドア側面のラッチ近辺にある穴から見える小さなレバーを鍵の先などでスライドさせて行います。

10.1.3 ライフベスト

日本では、夏になると、こども達の水の事故が後を断ちません。小さいこどもを河原や海辺など水のそばで遊ばせる時は、必ずライフベストや浮き輪などを着用させてください。水遊びをさせる時の常識です。ライフベストは、アウトドアグッズを扱う店やホームセンターなどで購入できます。

10.1.4 住まいの安全点検

入居したらまず、子どもの目線で室内を点検してみてください。思わぬところに釘が飛び出していることがあります。

ベッド

シーツに隠れているフレームを点検します。溶接が雑で鋭いエッジが残っていることがあります。足をぶつけたり、転んで頭をぶつけた時に、大怪我をする危険があります。緩衝材を取り付けるなどして予防します。

また、小さい子どもの睡眠中の転落が心配な場合は、ベッドを壁際に寄せるとか、床にクッションになるもの(ブランケットやエアーマットなど)を敷いておくなどします。

家具

テーブルやライトスタンドのように、子どもが下に潜りこめる家具は、実際にもぐってみて家具の底や裏側を点検します。ある時、テーブルの天板の裏に、たくさんの打ち損なったホッチキスの針がまるで剣山のように突き出していて、ぞっとしたことがあります。

食器洗浄器、オーブン

どちらも、一歳過ぎの子どもなら簡単に開けます。使用中や使用直後に触れて火傷をしないように気をつけます。また、食器洗浄器に刃物を入れたままにしないでください。

10.2 健康

10.2.1 病院

オースティンには、日本語の分かる医者はいないと思います。経験的には、医者の話す英語は丁寧で分かり易いと思います。ただし、いくつかの病名、薬の名前、体の部位の名称、医療用語などは覚えておいた方がいいです。また、身長、体重、体温の単位はそれぞれ、フィート、ポンド、華氏、なので、日頃からこれらの単位に慣れておきましょう。

病院は、SetonやColumbia St. David系の小児科やFamily Practiceなどを家の近所に見つけられると思います。また、ダウンタウンにはSeton系のこども病院「Children's Hospital of Austin」があります。

実際に利用したことがある病院や医者は以下のとおりです。

  • Columbia St. David's South Austin Hospital
    901 W. Ben White, Blvd, Austin, TX 78704/(512) 447-2211
    まだホームドクターがいなかった時期に、ERを利用。

  • Robert Norris, MD ― Southwest Austin Family Physician
    6705 W Highway 290 # 601A, Austin, TX 78735-8408/(512) 892-4568
    南オースティンに住んでいた時期にメインに利用していたFamily Practice。

  • Seton Northwest Hospital
    11113 Research Blvd, Austin, TX 78759/(512)324-6000
    北オースティンに住んでいた時期にメインに利用していた病院。小児科がある。基本的に予約制だがWalk-Inの診療時間を設けている。Walk-In受付時間外の場合は、ERも利用した。

10.2.2 出産

日本人はSetonを利用する人が多いそうです。日本人の助産婦がいるという話を聞いたこともあります。ただ、実際にSetonで産んだことのある人たちからは、評判は今一つです。一方、わたしの見たことのあるColumbia St. David系のNorth Austin Medical Centerは、個室が8床程度の規模で、部屋は広く清潔でよい印象を受けました。わたしの見た病室は、トイレ、洗面台、ベッドの他に、家族が寝泊まりするためのソファーベッドがありました。

  • North Austin Medical Center
    12221 N. Mopac, Austin, TX 78758-2401/(512)901-1000

ところで、アメリカでの出産は、よく「ドライブ・スルー出産」などと言われます。日本では最低でも出産してから一週間は入院しているのに対して、アメリカではわずかに二日だからです。保険でカバーされるのが二日分だけというのが理由かも知れません。分娩は麻酔を使う無痛分娩が多いようです。

また、男児が生まれた時には、circumcisionの処置をするかどうか質問されます。最近のアメリカの育児書では、circumcisionをしなくても衛生的には問題ないことなどが説明されていますが、処置をする家庭の方が多いようです。もちろん、宗教上の理由でしない家庭もあります。

10.2.3 予防接種(Immunization)

予防接種を受ける計画は、ホームドクターと相談して決めます。日本で受けた予防接種の記録を示すために、母子手帳が役に立ちます。また、日本に帰国する時は、ホームドクターに予防接種の記録を書いてもらいます。

10.2.4 市販薬

風邪のような一般的な病気の場合には、医者は特別な薬を処方しません。かわりに、どの市販薬をどういうふうに飲めばいいか指示します。そのくらい、市販薬はよく効くという意味でもあります。

同じブランドの薬でも、年齢に応じて、スポイトで与えるタイプ(乳児)、小さいカップで飲ませるタイプ(幼児)、もう少し大きな子ども用の噛み砕く錠剤タイプ、などさまざまな製品があります。投薬の量は、普通は年齢ではなく体重を基準に決めます。

Medicine【写真】代表的な子ども常備薬の例

  • Dimetapp Decongestant (鼻詰まり治療薬)
  • Children's Mortrin (風邪などによる痛み緩和、イブプロフェン入り)
  • Children's TYLENOL (風邪などによる痛み緩和、アセトアミノフェン入り)

市販薬については、『第9章 健康管理』も参考にしてください。

10.3 食生活とくらし

10.3.1 ベビーフード

Gerber製のものがよく出回っています。GerberのWebサイトには、いつごろどのタイプの製品を与えればいいかなどの解説が載っていて参考になります。

離乳食前期

ペースト状の食材の瓶詰めが販売されています。1ダースパックで数ドルといったところです。一回の食事に、三種類ぐらいを食べさせるようです。

国産の粉末スティックのような製品はありません。瓶詰めは持ち運びにかさばる反面、お湯で溶く必要がなく、どこでも蓋を開ければ食べさせられるのが利点です。

離乳食後期

モグモグ期のベビーフードには、カップごと電子レンジで温めるタイプの製品があります。日本人の口に合う物が少ないですが、グローサリ・ストアでうどんやライスを使った製品を見つけることができます。うちでは、GerberのMicrowavable Dinnerのシリーズで、「Chicken Stew with Noodles」「White Turkey Stew with Rice」や「Vegetable Stew with Beef」などを利用しました。

10.3.2 シリアル

シリアルは、栄養価が高く食物繊維も豊富なうえに、手軽に食べられるので便利です。アメリカはさすがにシリアルの本場らしく、子ども用の製品にもいろいろな種類のものがあります。味付けもさることながら、成長期の子どもに必要な栄養素を加えたものなどがあります。

シリアルは“乾物”なので、携行にも向いています。外出した先で食事をとる時、子どもの食べられそうな物がなくても、シリアルとミルクがあればなんとかなります。アメリカ中、どこでも簡単に手に入る点も助かります。

10.3.3 入浴

子どもを風呂に入れる観点からすると、アメリカの風呂は、日本のものに比べて、バスタブの外に洗い場がないとか、シャワーヘッドが壁の高い位置に固定されている点が不便です。

洗い場がないので、バスタブの中で体を洗うほかありません。寒い時期には、バブルソープを入れてお湯をはれば、温まると同時に体も洗うことができます。

シャワーヘッドの位置は、子どもの体を流すには高すぎます。シャワーを使うよりも、洗面器を使う方が便利です。あるいは、シャワーヘッドを、ホース付きの取り外し式に交換する手もあります。工具や部品は、ホームセンターで手に入ります。

また、バスタブの中に蛇口が突き出していて、子どもが滑った時にぶつからないか気になるならば、蛇口にかぶせるセイフティーグッズを利用します。バスタブの底に敷く滑り止めマットも売っています。これらは、Toys'r'usやBabies'r'usなどで手に入ります。

Bath Faucet Bath Faucet with a cover
バスタブに突き出している蛇口 保護カバーをつけたところ

ところで、アメリカの風呂にも良い点はたくさんあります。例えば、風呂のある部屋(つまり、バスルーム)は広々として明るいことや、バスタブが大きいことでしょうか。小さい子どもたちなら、みんなで楽しくにぎやかに入ることができます。

10.3.4 外食

ネクタイ着用のかしこまったレストラン以外は、どこでも子ども連れで行くことができます。どんな店でも、子ども用のいす(high chair)を用意してあるのには感心します。また、家族連れの多いレストランでは、塗り絵とクレヨンのセットを用意しています。

10.3.5 託児施設

ベビーシッター

専門の人を雇うほかに、近所の中高生に頼む方法もあります。中学生に頼む場合で、時給2ドルくらいです。夫婦で映画やパーティーに行きたい時などに、気軽に利用できます。

また、同世代の子どものいる家と知り合いになれば、お互いに子どもを預けたり預かったりして、助け合うことができます。

デイケア(Daycare Center)

いわゆる託児所です。預かってくれる時間や、子どもの年齢については、各デイケア・センタで異なります。デイケアのいいところは、いろいろな子ども達と一緒に遊ぶ経験ができることです。ただし、風邪やみずぼうそうなどの病気をもらって来る可能性もあります。

教会

教会もデイケア・センタを持っていることがあります。また、日曜日の礼拝の時間にボランティアで預かってくれる教会もあります。

10.3.6 遊び場

ここでは、日頃、子どもを連れて遊ぶのに便利な場所を紹介します。日帰り旅行については『第13章 余暇のすごし方』を参考にしてください。

アパート内の施設

アパートの敷地の中に、プールやプレイグランドがあると、気が向いた時に連れて行けるのでとても便利です。プールは大体5月初めから10月終わりまで利用できます。『親の監督責任』の項に書きましたが、プールにしろプレイグランドにしろ、必ず保護者が付いて行くようにしてください。

Zilker Park

ダウンタウンの近く、タウンレイクに面した大きな公園です。週末は駐車場が混雑するので、早めに行く方がいいです。

園内には、ミニSLをはじめとした子ども用の遊具があるほか、野外ステージなどもありいつも何かのイベントが行われています。夏には、湧き水を利用したBarton Springs Poolがオープンします。これは、川をせき止めて作ったような自然のプールで、芝生のプールサイドも広く、一日ゆったり過ごすことができます。

Burger King / McDonald's

屋内のプレイルームを併設している店が多いです。プレイルームは、吹抜け二階建ての部屋に所せましとチューブ状の滑べり台などが設置されていて、とても遊び甲斐があります。雨の日などに利用すると助かります。なお、施設の規模は店舗によって差があるので、いろいろな店をまわって比べてみるとよいと思います。

Chuck E Cheese's

ピザのファーストフードチェーン。店内のいたるところに遊具がならび、テーマパークのようになっていて、子どもは喜びます。
  • Chuck E Cheese'shttp://www.chuckecheese.com/
    8038 Burnet Road, Austin, TX 78757-7712/(512)451-0296
    502 West Ben White Blvd, Austin, TX 78704-7030/(512)441-6432

Austin Zoo

市内にある動物園。寄付で運営しているような小さな動物園ですが、山羊や羊に触れるコーナーがあったり、自由に動物に餌をやれるところが魅力です。園内にはミニSLが走っています。

餌は入口で購入します。カップ入りとバケット入りがあります。餌をあげるのが好きな子どもには、カップ入りだと少ないかも知れません。

大人$6/子ども$4

Austin Children's Museum

ダウンタウンにある、DELL出資のこども博物館。入場料$4.50(2歳未満無料)

Hill Country Flyer

週末に運行している、Cedar ParkとBurnetを二時間で結ぶ観光蒸気機関車。車内では、ボランティアの人がゲームやパフォーマンスをして乗客を盛り上げる。

Hill country flyerは、朝、Cedar Parkを出発し、昼三時間ほどBurnetで過ごし、夕方再びCedar Parkに戻って来るという一日ツアーです。この他に、夕暮れを見ながら走る所用時間三時間程のツアー、Twilight FlyerやRiver City Flyerというのもあります。

Austin Bats

夕暮れにCongress Avenue Bridgeからコウモリが飛び立ちます。橋の上から見る方法と、観光船に乗って、タウンレイクから見る方法があります。詳しくは、『第13章 余暇のすごし方』の『バット・コロニー』を参考にしてください。

さとうさん(メリーランド州在住)からの情報です。当ガイドでも紹介している遊び場に、実際に小さいお子さんを連れて行かれた感想を送っていただきました。
  • Austin Children's Museum
    Children's museumは月曜日の朝のトドラー用のときに行きました。おもちゃがたくさんあって楽しかったです。ストーリータイムや歌のコーナーも楽しめました。2時間くらいいたのですが、娘が帰りたがらなくて大変でした。

  • Austin Zoo
    Austin Zoo はとても気に入りました。すごく小さい動物園ですね。トラやライオンをこんなに間近に見たのは私も初めてで、興奮しました。娘は豚やひつじにえさをあげられるのがとても気に入っていました。動物園と農場を両方楽しめていい所ですね。

  • Zilker park
    Zilker park にも行きました。とても大きな公園で、油断するとハイウェイに乗ってしまう(乗ってしまった。。。)のが玉にきずですが。Botanical Garden と子供の遊具があるところに行きました。

10.3.7 イベント

ハロウィーン (Halloween)

10月31日の夜に、仮装をして、お菓子をもらいに近所を回ります。一ヵ月前ぐらいから、仮装用のコスチュームや小物類、まわって来た子どもにあげるためのお菓子などが店頭に並びます。子どもが主役のイベントですが、大人達も仮装パーティで盛り上がったり、仮装したまま出社したりして楽しみます。

Halloween n. (in USA) a folk holiday on October 31, when children dress up in costumes and visit neighbors' houses to ask for candy: On Halloween, some children dress up as witches. See: pumpkin.
USAGE NOTE: Asking for candy on Halloween is also known as trick or treating. At each house children cry, ``Trick or treat!'' to let neighbors know that if they aren't given any candy, they may do some mischief. It's traditional at Halloween to decorate the home with a jack-o'lantern, a pumpkin carved to look like a head, lit from inside by a candle.

  • Party Cityhttp://www.partycity.com/
    9333 Research Blvd, Bldg. B, Suite 100, Austin, TX 78759/(512)343-0300
    パーティー用品の専門店。ハロウィーンのコスチュームは赤ちゃん用から大人用まで幅広い品揃えで、定評がある。

誕生日パーティー

日本では、友だちだけを呼んですることの多い誕生日パーティー。アメリカでは、友だちとその両親も招待して賑やかなパーティーになります。会場は、自宅のほかに、公園や動物園などのピクニック広場を利用することも普通です。誕生日パーティーはカジュアルな催しです。このような屋外の遊具やアトラクションのある広場を会場に選ぶと、特別な出し物を準備しなくても招待した子ども達や家族は楽しめるので、とてもいいアイデアだと思います。

パーティーには、特に決まった進め方はありません。パーテイーは昼食をはさんで行われることが多いです。

時間になって集まって来たら、昼食の用意ができるまで子ども達は遊び大人達は談笑して過ごします。昼食は、BBQやハンバーガーなどを自前で用意するほかに、ピザなどのケータリング・サービスを利用する方法もあります。食事が終ったら、ロウソクを立てたバースディケーキの登場です。Happy Birthdayの歌をみんなで歌い、本人はロウソクを吹き消します。ケーキを食べ終ったころ、いよいよプレゼントの披露の時間です。包装を一つずつ開け、カードを読み上げて盛り上がります。主催者は、この時、誰からどのプレゼントをもらったのか、必ずノートに記録を取っておき、お礼のカードを贈る時などに参考にします。

さて、バースディプレゼントについてですが、予算は大体10ドル前後が目安です。男の子なら、自動車や恐竜のミニチュアや、工具のおもちゃなどが、女の子なら、バービー人形や着せ替え用の服やアクセサリなどが定番です。カードを添えて、パーティ当日に持参します。

10.4 育児関連グッズ

チャイルドシートをはじめとした育児用品に関しては、アメリカ製品に優れ物が多く、一目を置いています。必然的に、対する日本製品について辛口になっています。

10.4.1 衛生用品

紙おむつ

紙おむつのブランドとしては、PampersとHuggiesを店頭でよく見かけます。サイズは日本より大きなものまで揃っています。Panpersの場合で、“newborn”(0-4.5Kg)から“size 6”(16Kg以上)まで揃っています。アメリカのおむつのサイズに慣れて帰国すると、日本には穿かせるタイプのおむつ(いわゆる、トレーニングパンツ)しか合うサイズがなくて戸惑うことがあります。

日本でも利用者の多いパンパースについてですが、アメリカでも値段は高めですが信頼できるブランドです。ただし、日本のものとはまったく別の製品です。おむつの表面にベビーパウダーが含まれていて、赤ちゃんのおしりが若干粉っぽくなります。

おしり拭き

アメリカのおしり拭き用のウェットタオルは、大変実用的です。シートは大きく、たっぷり洗浄液がしみ込んでいるので、おしりをきれいに拭き取ることができます。また、容器については、上蓋全体が開く単純な構造のため、シートの取り出しが片手で簡単にできます。

これに慣れると、日本のおしり拭きは使いずらいと感じます。シートの湿り具合は不十分でいくら拭いてもきれいになりません。また、シート取り出し口は、シートが一枚ずつ次々に出てくるように作られていますが、実用的とは言いがたい。小さくきつい取り出し口からシートを引っ張り出すためには、もう片方の手でパッケージを押さえておかなければいけません。携帯には確かに優れた面があるでしょうが、家の中で使うにはとても不便です。各メーカーには、実用面でもっと配慮していただきたいと思います。

母乳パッド

日本ほどポピュラーな商品ではないので見つけにくいです。グローサリ・ストアの育児用品コーナーの隅にひっそりと置いてあったりします。日本製のものを引っ越し荷物に入れて持って行くのもいいと思います。

ドリンクボトル

こぼれにくい構造の携行に便利なボトルがたくさん販売されています。日本から持って行った「マグマグ」は、携行時にも使用時にも倒れると内容物が漏れやすいので、ほとんど使うことがありませんでした。

Spill-Proof Cup小さい子ども向けには、吸っている間だけ中身が出て、口を放すと倒してもこぼれない構造のボトルがあります。これは、アメリカの子どもなら誰でも持っている人気商品です。日本でもトイザラスなどで販売しています。(【写真】Playtex製“Spill-Proof Cup”)

QuickStraw

もう少し大きい子ども向けには、ストロー付きのボトルがあります。このボトルは、ストローを格納すると傾けても内容物がこぼれない構造になっています。断熱材入りの保温効果の高い製品もあります。(【写真】左二つはPlaytex製“QuickStraw”)

ベビーキャリー

  • デタッチャブル・チャイルドシート
    シート部が台座からはずせるタイプのチャイルドシートです。はずしたシートには取っ手がついていて、赤ちゃんを乗せたまま持ち運ぶことができます。シートの底には溝が刻んであり、グロサリー・ストアやホームセンターのショッピングカートにのせて固定できるようになっています。まさに、アメリカの生活形態から生まれた商品です。

  • ベビーカー(Stroller)
    日本のA型と同様の頑丈な作りのベビーカーが多いです。軽量コンパクトなものは、細い金属チューブを組んだだけの非常にきゃしゃな製品です。日本のB型に相当する適度な耐久性と座り心地の製品は見つけにくいので、必要なら日本から持って行くほうがいいです。

    また、自転車のタイヤが付いた高速走行用(?)のベビーカーもあります。ジョギングしながら押すことや、自転車で牽引することができます。

    • The Baby Jogger Companyhttp://www.babyjogger.com
      ジョギング用ベビーカー“Baby Jogger”の製品紹介。

  • だっこ/おんぶ紐
    時々、父親が赤ちゃんをだっこ紐で抱えている姿を見ますが、需要は少ないように思います。

    こどもを抱える時に使う、ウエストポーチ型の補助具は日本オリジナルです。アメリカで使っていると、みんなに感心されます。アメリカでは代替品が見つかりにくいので、必要なら日本から持って行きましょう。

  • コンビの支店
    コンビのアメリカ支社Combi Internationalでは、コンビ製のB型ベビーカーや前述のウェストポーチ型ベビーキャリーなどを扱っています。オースティンにも取り扱い店があるようです。

衣類

子ども服の値段はとてもリーズナブルです。日本のブランドなら一万円くらいするような服を一揃えしても、数十ドル程度です。セールの時に行けば、さらに値段が下がります。

意外と知られていないのが、アメリカの乳幼児は日本人の子どもに比べて細くて小柄だということです。サイズを選ぶ時は表示の月年齢より一つ大きめのものを選ばないと、小さいことがあります。

  • GapKids / BabyGaphttp://www.gapinc.com/
    子どもから大人まで揃った、アメリカのカジュアル服のブランド。日本でも有名になりました。ここに挙げた他のブランドに比べて、縫製はいまひとつ。気をつけて洗わないとほつれたりのびたりする。時々、これはというデザインの服を出すので利用。

    • Old Navy
      11066 Pecan Park Blvd, Cedar Park, TX 78613-1515/(512)257-0427
      ほかオースティン市内、近郊に数店舗

      GAP傘下のカジュアルウェアのブランド。

  • OshKosh B'Goshhttp://www.oshkoshbgosh.com/
    日本でも時々見かける。色合いや柄がアジア人にも割りと合う服が多い。ストライプのシャツやチェックのオーバーオールが可愛い。縫製もしっかりしている。うちでは一番よく利用するブランド。

  • Gymboreehttp://www.gymboree.com/
    鮮やかな色遣いの服が特徴。ジャケットなどの大物が可愛い。

  • Carter'shttp://www.carters.com/
    比較的クラッシックなデザインの子ども服のブランド。
    Foley's (4300 Highland Mall/(512)459-3741)
    Sears (Hancock Mall, 1000 E 41st St/(512)459-2300)
    Carter's Outlet (San Marcos Factory Shops, 3939 I-35 S.-Ste 760, San Marcos/(512)392-8485)

くつ

Stride Rite歩き始めたばかりの子どもには、きちんとしたくつを履かせたいものです。欧米はさすがにくつの文化が根付いているので、子ども用のくつでもしっかりした物があります。
  • The Stride Rite Corporationhttp://www.striderite.com/
    子ども靴専門のブランドで、店舗はモールなどに入っています。店にはシュー・フィッターがいて、くつ選びの相談にのってくれます。また、欧米メーカーのくつは一般に細身で、甲高幅広の日本人の足にはしっくりしないものですが、その点、Stride Riteにはワイドサイズのくつが揃っているので助かります。

おもちゃ

日本のおもちゃと同等品がかなり安く購入できます。特に、LEGOをはじめとした海外ブランドのおもちゃの値段は日本の半値近いです。あらかじめ、日本での販売価格を調べておくといいと思います。
  • Toys'r'ushttp://www.toysrus.com/
    11066 Pecan Park Blvd, Ste 1117, Cedar park, TX 78613-1515/(512)336-8697
    5451 N IH35, Austin, TX 78723-2429/(512)450-1807
    4025 S. Capital of Texas Hwy, Austin, TX 78704-7913/(512)441-7216

  • Babies'r'ushttp://www.babiesrus.com/
    9333 Research Blvd, Ste A200, Austin, TX 78759-7385/(512)342-0805

  • Kid Genius
    3663 Bee Caves Rd, Ste 2A, Austin, TX 78746-5388/(512)327-0273
    知育玩具をメインに扱う。店内にプレイエリアがあり、雨の日に子どもを遊ばせるのに助かる。


| 前頁 | 次頁 |

| ホーム | 総合目次 | オースティン・ガイド表紙 |

Copyright (C) KOUCHI.COM オースティン・ガイド編集室